チロンヌプカムイ イオマンテ

DVD自主上映募集中
作品紹介 Overview

愛しいキタキツネを、父母(ちちはは)の国へ送る
2Kレストアでよみがえった アイヌ民族のまぼろしの祭祀

1986年、北海道・屈斜路湖を望む美幌峠で、75年ぶりに「チロンヌプカムイ イオマンテ(キタキツネの霊送り)」が行われた。
狩猟民だったアイヌの伝統的な考えでは、動物は自らの肉や毛皮をみやげにして人間の国へやってくる。アイヌは、キタキツネをわが子のように育てると、やがてイオマンテを行う。祈りを捧げ、歌や踊りで喜ばせ、みやげを背負わせて神の国へ送る。一言一句に魂をこめて祈るのは、アイヌ文化の不世出の伝承者といわれた日川善次郎エカシ(明治44生)。
本作は、1986年に撮影したものに2Kレストアを行い、歌、踊り、言葉を35年後によみがえらせた。人気漫画『ゴールデンカムイ』のアイヌ語監修者である中川裕(千葉大学名誉教授)が、日川エカシ入魂の祈りを全てアイヌ語で書き起こし、現代日本語訳をつけた。アイヌの精神文化や世界観を未来に伝える貴重なドキュメンタリーである。

※関連書籍「チロンヌプカムイ イオマンテ パンフレット」別売

詳細については公式サイトをご覧ください。

サンプル映像 Trailer
ご購入 Buy
  • DVD(個人視聴用)
  • ¥5,500(税抜5,000)
  • DVD(図書館使用)
  • ¥16,500(税抜15,000)
  • 関連書籍「チロンヌプカムイ イオマンテ パンフレット」
  • ¥1,000(税込)
詳細 Datail

監督:北村 皆雄
語り:豊川容子
音楽:豊川容子+nin cup
制作:三浦 庸子
監修・カムイノミ対語訳:中川 裕(千葉大学名誉教授、『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)
司祭者:日川善次郎エカシ
企画・スチル:堤 大司郎
文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業